水漏れ・つまり・水回りのトラブルを緊急解決!水回りの修理は信頼の救急24

水まわりの救急24

TOTO LIXIL取り扱い店です / 最大5年間無料補償 / 業界初クーリングオフ対応

  1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. 大寒波!水道が凍結しちゃったらどうする?

お役立ち情報

大寒波!水道が凍結しちゃったらどうする?

基礎知識

さむーい冬、凍えてしまうのは人間だけではなく、水道もなんです!
今年は大寒波もあり、水道の凍結を経験した方も多いのではないでしょうか。水道が凍結をすると、気をつけないと水道管が破裂をしてしまうことも・・・。
今回は、水道の凍結と凍結してしまった際の対処法についてご紹介しましょう。また、予防方法も一緒にお伝えしますので一読していただけると嬉しいです。

真冬に気をつけたい水道の「凍結」

身も凍えるような寒い冬、気をつけたいのは水道の「凍結」です。
気温が下がりすぎると、水道の水が凍ってしまい、蛇口をひねっても水が出てこなかったり、ひどい場合は凍ることで水が膨張し、水道管が破損してしまうこともあります。
毎年水道が凍るくらいの寒さを経験する土地では、事前に対策をしている方も多くいますが、そうではない地域の場合、急な大寒波でうっかり水道が凍ってしまった!というケースも少なくないようです。

【水道が凍ってしまいやすい条件】
1.気温がマイナス4℃以下
2.日の当らない北側、むき出しの水道管
3.風が当りやすい

水道が凍結する前には前兆があるのをご存知でしょうか?
例えば、蛇口から出る水の勢いがつもより少ない、蛇口を捻ってから水が出るのに時間がかかるなどが挙げられます。気付いた時には、早めに対処するようにしましょう。

水道が凍結したときの対処方法はこれだ!

水道が凍結してるかもしれないと思ったら、こんなまずは以下の方法を試してみましょう。

・凍結している管に凍結防止ヒーターを巻きつけて温める
・40度以下のお湯を少しづつかけ、水道管の中の氷を溶かす(※高音のお湯をかけると配管が破損する恐れがあるので注意しましょう)

水道管の凍結を放置するとどうなるの?

放っておけば自然に溶けるだろうと油断をして凍結を放置しておくとどうなるのでしょうか。まず、水は凍ると膨張します。そのため、放置すると膨張した氷が水道管のなかを圧迫して水道管を破裂させてしまう恐れがあるのです。
水道管が破裂してしまうと、修理が必要になり、修理費用がかかったり水道が数日間使えなくなってしまう場合があります。
そうならないように、凍結は放置しないように気をつけましょう。

水道を凍結させないための予防方法

水道管を凍らせないためには、常に水道管に水が流れている状態にするのが良いでしょう。
・水道メーターから一番遠い蛇口から、水を少量出し続ける
・追い焚き機能のあるお風呂の場合、お風呂の浴槽のお湯を排水せずに、循環口の上10cm程度残す(これにより凍結防止機能が働きます)
・むき出しの排水管を保温しておく(タオルなどで巻いたり、市販の保温材を使うのが良いでしょう)

水道が凍ってしまうと対処が大変なので、寒くなる日の前日には、上記の凍結予防方法を実施するようにしましょう。

さいごに

いかがでしたか?真冬の水道の凍結は気づかぬうちに発生することがあります。例えば夜の気温が氷点下になると予想される場合は、凍結を防ぐために蛇口から水を少し出しておくなど予防をしておきましょう。
万が一凍結してしまった場合は、早めに対処を。水道管が破裂してしまうと修理費が嵩みますので気をつけて!

お急ぎの方はこちら! 24時間365日 通話料無料 0120-997-813 携帯電話・スマートフォンからもご利用頂けます 水まわりのプロがすぐに解決します!
今がチャンス!ホームページ限定キャンペーン! ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと… なんと!各サービスの通常価格より ¥2,000 OFF!
24時間受付 通話無料 0120-997813