水漏れ・つまり・水回りのトラブルを緊急解決!水回りの修理は信頼の救急24

水まわりの救急24

TOTO LIXIL取り扱い店です / 最大5年間無料補償 / 業界初クーリングオフ対応

  1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. その順番大丈夫?正しいお風呂掃除の順番を学ぼう!

お役立ち情報

その順番大丈夫?正しいお風呂掃除の順番を学ぼう!

お風呂 メンテナンス 未分類

ちょっと面倒なお風呂掃除。正しい順番で掃除できていますか?
順番を守らないと、せっかく掃除をしても汚れがたまっていく一方かも・・・。今回は正しいお風呂掃除の順番と、掃除のポイントについてご紹介します!

どこから掃除する?お風呂掃除の正しい手順

ちょっと面倒なお風呂掃除。いざ「やるぞ!」と重たい腰を上げてお風呂場に向かって真っ先に浴槽や床の掃除を始めていませんか?
ちょっと待って!よーく考えてみてください。水は上から下に流れますよね。つまり、最初に床や浴槽を磨いてしまうと、そのあとに洗った壁や鏡などの汚れがまた流れてきて、結局石鹸かすが残ってしまったりするんです。石鹸かすはカビの原因にもなるので、残したくないですよね。

お風呂掃除の順番は、【壁→浴槽→床→排水溝】が鉄板!上から下の順番で掃除をスルことで、ピカピカのお風呂を保つことができます。
もちろん、毎日掃除をするのはとても大変。毎日使う浴槽は都度使ったタイミングで、それ以外の壁や排水溝は週に1回は掃除するようにしましょう。

場所別 お風呂掃除のコツ!

お風呂掃除の順番がわかったところで、次は場所別のお掃除方法を見ていきましょう。

天井・壁

意外と見落としがちの天井。実は目に見えない汚れが溜まっているかも。放置してしまうとカビの発生原因にもなります。手が届きにくい天井は、クイックルワイパーなどの柄の長い道具を使うのが便利です。塩素系のカビ取り剤を含ませたキッチンペーパーなどで拭き取ってあげると良いでしょう。
天井よりも比較的掃除がしやすい壁は、お風呂用洗剤を使ってよく磨いてあげましょう。意外と石鹸汚れが溜まっているので、四隅は特に念入りに。

浴槽

浴槽の掃除は日課になっている方も多いかもしれません。
浴槽は、「使ったあと」に掃除をするのが効果的です。浴槽が温かいうちに掃除をすることで、少ない洗剤で汚れが落ちやすいのです。使ったあとすぐに掃除をするのが面倒!という方は、張った湯に重曹を入れて一晩置いておくことで、汚れが浮き、翌朝軽くスポンジで洗ってあげるだけで汚れが取れます。
この時、排水口やゴムの部分もしっかり洗うのを忘れずに。とくにゴム部分は一度カビが発生すると落ちにくいです。

床は石鹸やシャンプーかすが最も残りやすい場所です。そのまま放置してしまうと、カビが発生してしまいます。ちなみによく見かけるピンク色の汚れ。ロドトルラという酵母菌の一種。カビによりも増殖スピードが早いため、放っておくとどんどん増えてしまうので要注意です。
幅の広いブラシなどで念入りにこすって落としましょう。ブラシは100円ショップなどで手に入ります。

正しい順番で掃除して、きれいなお風呂を楽しもう!

今回はお風呂掃除の順番をご紹介しました。
汚れを残さないためにも、「上から下」の正しい順番でお風呂掃除を行なってくださいね。汚れのないきれいなお風呂で、楽しいバスタイムを過ごしてください。

お急ぎの方はこちら! 24時間365日 通話料無料 0120-997-813 携帯電話・スマートフォンからもご利用頂けます 水まわりのプロがすぐに解決します!
今がチャンス!ホームページ限定キャンペーン! ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと… なんと!各サービスの通常価格より ¥2,000 OFF!
24時間受付 通話無料 0120-997813