水漏れ・つまり・水回りのトラブルを緊急解決!水回りの修理は信頼の救急24

水まわりの救急24

TOTO LIXIL取り扱い店です / 最大5年間無料補償 / 業界初クーリングオフ対応

  1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. 水道管も冬じたく!凍結キケン!氷点下4度以下になる可能性がある地域へ引っ越された方は必見です!

お役立ち情報

水道管も冬じたく!凍結キケン!氷点下4度以下になる可能性がある地域へ引っ越された方は必見です!

排水管 基礎知識

今年も寒い寒い季節がやってきましたね。
私にとっては初・東京の冬となる今年、これまで慣れ親しんだ関西よりも関東の方が断然寒さは厳しいと認識しております。

たくさんの方に「寒いの苦手なのに大丈夫?」とご心配をいただいておりますが、私自身も冷え性が悪化するのではないかとドキドキしている今日このごろであります。

寒さが厳しい季節はやはり水道管にも影響があるんですね。

【北海道】【東北】のように“寒い”の代名詞的な地域では、積雪、凍結の危険と隣合わせの生活をされていますよね。
同時に、水道管が凍結して破裂事故が発生するという危険も心配な地域。
北海道・東北に限らず九州でも水道管の凍結破裂が報告されているとか…これはもう他人事ではないですよね!

寒い地域とざっくりしたカテゴライズではなく、全国的にも氷点下4度を下回る気温をボーダーラインに、可能性のある地域にお住まいの場合は水道管の冬じたくをしておきたいものです。

それでは、そもそも水道管が凍結するとどんな危険が潜んでいるのでしょうか?

水が出ないからお風呂に入れない!という状況だけならまだしも、凍結による水道管の破裂が起こってしまえば悲惨な結末をむかえることになります。

例えば
・マンションの台所の水道管の凍結破裂
→「水抜き」を忘れていたため

・トイレのトラップに溜まっている水が凍結して便器が破裂
→凍結予防の「不凍液」を入れ忘れていたため

水道管の凍結破裂により部屋が浸水。
自室だけではなく下の階に水が流れ込み、その部屋の住民にも迷惑がかかってしまう可能性があります。
そして、その修繕費は多額になりやすいのです。

なんと!100万円を超えることもあるそうです。
これはただごとではありません!

特に、初めて氷点下4度以下になるような地域に引っ越しをされた方にお伝えしたいですね。こういった情報を知らないがために対策が出来ないということが多々あるでしょう。
そんな方のために、どういう状況がキケンなのかCHECKしておきましょう。

特に注意が必要な状況

  • 外気温が氷点下4度以下になったとき
  • 寝る前や旅行等で長時間水道を使用しないとき
  • 1日中外気温が氷点下「真冬日」に続いたとき
  • 水道管が北側で日が当たらない場所、風当たりが強い場所にある
  • 水道管がむき出しになっている

 

では、このような状況に直面したときはどんな対策が必要なのでしょうか。
ズバリ!『水抜き』をすることです。
氷点下にならない地域の方には馴染みのない言葉かもしれませんね。
その方法は、建物によって様々ですので、大家さんなどに事前に確認しておきましょう。

水抜きのポイント

  • 最低気温が氷点下4度以下のときは必ず水抜き
  • 最高気温が氷点下のときは必ず水抜き
  • 長期間、留守にするときは必ず水抜き
  • 日中に冷え込みそうなら外出前も水抜き
  • 帰りが遅くなりそうなときは外出前も水抜き

 

また、今後寒い地域へのお引っ越しを予定されている方は、マンション選びの段階でその建物が凍結による水道管破裂被害を起こしていないかも事前にリサーチしておくことをオススメします。
出来るだけリスクを回避して快適な生活を送りたいものですね。

お急ぎの方はこちら! 24時間365日 通話料無料 0120-997-813 携帯電話・スマートフォンからもご利用頂けます 水まわりのプロがすぐに解決します!
今がチャンス!ホームページ限定キャンペーン! ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと… なんと!各サービスの通常価格より ¥2,000 OFF!
24時間受付 通話無料 0120-997813