水漏れ・つまり・水回りのトラブルを緊急解決!水回りの修理は信頼の救急24

水まわりの救急24

TOTO LIXIL取り扱い店です / 最大5年間無料補償 / 業界初クーリングオフ対応

  1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. 冬なのにお湯が出ないってどういうこと?給湯器のトラブル解決策をマスターしよう!

お役立ち情報

冬なのにお湯が出ないってどういうこと?給湯器のトラブル解決策をマスターしよう!

屋外のトラブル トラブル談 基礎知識

今年は秋を通り越して冬が早く到来したようなお天気が多いですね。
「もう羽毛布団出しましたよ!」とか、「毛布で寝てるし、なんなら電気毛布も出しちゃうところだよ!」なんて声も聞こえてくるくらい、朝晩冷え込む日が増えました。

そんな冬支度を終え、冷えた身体には温かいお風呂。
日本の冬には欠かせないですよね。

きっと家事の中でもお湯を頻繁に出す季節到来ですが、寒さが厳しくなったタイミングで「え?お湯出ない?」って経験ありませんか?

悲惨ですよね。
もう、辛いやら、腹立たしいやら、悲しいやら。。。
何もしたくなくなりますね。

いわゆる給湯器のトラブルです。

私の田舎は三重県の山奥ですが、冬はとても厳しい寒さで、お湯が出ない、水が凍ってしまっているなんて日常茶飯事でした。

雪国なら、そもそも対策を施された給湯器で冬を迎えるのでしょうが、私の住んでいた田舎は気候も中途半端なせいか、それほどの危機感もなく、今考えると毎年水さえ出ないというトラブルにかなりの時間を費やしていました。

皆さんはいかがですか?

給湯器の仕組み

この給湯器のトラブルを語る前に、仕組みをおさらいしておきましょう。

給湯器は、内側にある水を通すための管があり、この管部分の水に炎を当ててお湯にして排出しています。
つまり、蛇口を止めても水が溜まっているという仕組みなのですね。

トラブルの症状としては、「お湯が出ない」さらに「水もでない」という状況。

こうなる原因は、気温の低下で給湯器の管の中に溜まっている水が凍結してしまうんですね。
水が凍ると体積が膨張するので、管が破裂してしまったり、漏電や故障を引き起こすことにもなりますが、凍ってしまってからの対策は、事前に溶けるまで待つしかないですよね。

給湯器のトラブル対策は?

お湯を管にかけるとか、ドライヤーの温風で溶かすなどの対策もあるようなのですが、どちらも100%安全な対策ではないようです。
お湯のかけ方によっては故障につながったり、ドライヤーもゴムパッキンを破損させてしまうことがあるようです。
給水栓を閉めたうえで業者さんにお願いしましょう。

こうなる前に!の、予防策は厳しい寒さが到来する前に知っておきたいものですね。

まずは、ご自宅の給湯器が「凍結防止機能」がついているタイプなのか?を知っておくことですね。
凍結防止機能が施されているなら一安心。

そうでない場合は、給湯機用の凍結防止テープやヒーター、断熱材を必要に応じて取り入れるか、事前に冷え込むことが把握できている場合、水を細く出しっぱなしにしておくという対策方法があります。水が少しでも流れていれば給湯器内部の水が循環するため、凍結しにくくなるのです。

特に、氷点下を下回ることが当たり前だという地域にお住まいの場合は、思い切って凍結対策ができている給湯器に交換するというのも後々安心でお得なのかもしれませんね。

水まわりの冬支度を早々に済ませて、ほっこりやさしい、そしてあたたかい夜長を過ごしたいものですね。

お急ぎの方はこちら! 24時間365日 通話料無料 0120-997-813 携帯電話・スマートフォンからもご利用頂けます 水まわりのプロがすぐに解決します!
今がチャンス!ホームページ限定キャンペーン! ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと… なんと!各サービスの通常価格より ¥2,000 OFF!
24時間受付 通話無料 0120-997813