水漏れ・つまり・水回りのトラブルを緊急解決!水回りの修理は信頼の救急24

TOTO LIXIL取り扱い店です / 最大5年間無料保証 / 業界初クーリングオフ対応

※「無料保証」は取付器具・施工を対象としております。※消耗品及びつまり・撤去など一部サービスを除きます。

  1. 水漏れ・つまり・水回りのトラブルは水まわりの救急24
  2. お役立ち情報
  3. お風呂の自動保温と追い焚きはどちらがお得?
公開日: 2022-02-22 更新日: 2022-03-30

お風呂の自動保温と追い焚きはどちらがお得?

お風呂

秋も深まり、これからますます寒い冬がやってきますね。
夏場はシャワーで済ませることも多かったお風呂も、寒い冬はやはり毎日湯船に浸かりたくなるものです。
そこで気になってくるのが光熱費。寒い時期はどうしてもガス代や電気代がかさみがちですよね。
今回は、お風呂まわりの節約に役立つプチ情報をお届けします。

自動保温と追い炊き、どちらがお得?

1時間未満なら自動保温、それ以上なら追い炊きがお得!

「自動保温」と言うと湯温を保つための特別な機能のような印象を受けますが、実はお風呂の自動保温機能というのは、設定した温度を保つために自動で細かく追い炊きする機能のことを言います。

手動で追い炊きする場合との違いは、沸かし直し始める時のお湯の温度の差になります。
温度が少し下がったら設定温度まで温めなおす機能のため、一度かなり温度が下がった状態から追い炊きする場合と比べ、少量のガスで温められます。

ただし、その細かい追い炊きが何度も繰り返されることになると、一度の追い炊きよりもガス代がかさんでしまうことになります。

つまり、次にお風呂を使うまでの時間が短い場合は自動保温、間が空く場合は追い炊きがお得ということになります。
そのボーダーは、およそ「1時間」を目安にするのが良いでしょう。

次の人が入るまで1時間以上間が空いてしまいそうな場合には自動保温機能をオフにして、次に使うタイミングで追い炊きする方がガス代を節約できます。

給湯パネルのつけっぱなしは×?

ガス給湯器の節約で見落としがちなのが、お風呂やキッチンのお湯の温度を調節する「給湯パネル」です。
使っていない時でもついつけっぱなしにしているというご家庭も多いのではないでしょうか。

実は、給湯パネルはAV機器以上に待機電力が大きく、家庭で最も待機電力を消費する機器だと言われています。
年間の消費電力は23kw、電気代にして年間で約500円かかってしまうのです。

ガス機器のはずなのに、つけっぱなしにしていると電気代がかさむ原因になってしまうので注意が必要です。
使わないときにはスイッチをオフにする習慣をつけると良いでしょう。
お風呂のバスタブ周りの水漏れ補修

水回りのことなら水まわりの救急24がおすすめ!

①相談・点検作業無料

水まわりの救急24では、実際にご依頼いただいた内容以外に一切費用はかかりません。

お問い合わせや、作業員の状況確認作業では費用は発生しません。

②高い技術力を持つスタッフがご訪問

水まわりの救急24のスタッフは全員が厳しい研修を受けたスタッフです。

修理対応などの技術力だけでなく接客対応も最高レベルを提供します。

③24時間365日無料電話受付

水まわりの救急24への電話料金は一切かかりません。

お盆や年末年始の長期休暇・早朝や深夜でも電話受付をおこなっております。

お急ぎの依頼やご不明点がございましたらお気軽にご相談ください。

④安心会計

お客様にお支払いいただく費用は部品代と作業費のみ。それ以外の費用は頂きません。また、お客様からご依頼いただいた内容以上の金額も請求いたしません。

⑤実績多数

年間10万件以上の対応実績と94%の満足度が水まわりの救急24にはあります。

ここまでの実績を持てたのはお客様との信頼があってこそ。

高い技術力で安心のサービスを提供できる水まわりの救急24にお任せください。

⑥清潔な身なりでご訪問

スタッフがお宅に訪問する際は清潔な制服と靴下を履き替えてお伺いいたします。

使用する工具も清潔を保ち、お客様に不快なお気持ちは与えません。

また、新型コロナウイルス対策として作業スタッフにはマスク着用や検温、手指消毒を徹底しております。

関連記事:お風呂のお湯が出ないときの対処方法

お急ぎの方はこちら! 24時間365日 通話料無料 0120-997-813 携帯電話・スマートフォンからもご利用頂けます 水まわりのプロがすぐに解決します! 0120-997-813
24時間受付 通話無料 0120-997813

電話相談はこちらから0120-997-813