水漏れ・つまり・水回りのトラブルを緊急解決!水回りの修理は信頼の救急24

TOTO LIXIL取り扱い店です / 最大5年間無料保証 / 業界初クーリングオフ対応

※「無料保証」は取付器具・施工を対象としております。※消耗品及びつまり・撤去など一部サービスを除きます。

  1. 水漏れ・つまり・水回りのトラブルは水まわりの救急24
  2. お役立ち情報
  3. お風呂のバスタブ周りの水漏れ補修
公開日: 2022-02-24 更新日: 2022-03-30

お風呂のバスタブ周りの水漏れ補修

水漏れ お風呂
お風呂のバスタブ周りの水漏れ原因

これのおかげで、バスタブと壁の間には隙間がなく水が漏れることはないのですが、長年お風呂を使用していると、古くなってきて密着性が弱くなり、隙間が出来てしまいます。

これにより水がバスタブと壁の間に漏れてしまい、中の壁や浴槽の土台などにカビが出来たり腐ったりしてしまうのです。

また、シリコン系充てん剤に一度付いてしまったカビはなかなか落ちません。

上から塗料を塗ることも出来ないので、シリコン系充てん剤にカビが付いてしまっていたり、浴槽と壁の間に隙間を見つけたら早めに補修するようにしましょう。

シリコン系充てん剤による水漏れの補修

補修の際に必要になる材料は、シリコン系充てん剤、カッター、マスキングテープ、ヘラです。

【手順1】 まず初めに古くなったシリコン系充てん剤をカッターで切り込みを入れながら取り外していきます。

この時、古いシリコンが残ってしまっていると、新しいものの粘着が弱くなってしまうので、細かいゴミまできれいに取り除きましょう。

【手順2】溝が乾燥したら、マスキングテープを溝の両側に丁寧に貼っていきます。

マスキングテープとは、溝以外の場所にシリコン系充てん剤が付いてしまうことを防ぐために貼る、はがすことを前提としたテープのことです。

【手順3】マスキングテープを貼ったら、シリコン系充てん剤の口を溝の幅に合わせて切りましょう。ゆっくり隙間をなくすように充てん剤を埋め込んでいきます。

【手順4】溝が埋まったらヘラを使って平らに整えていきましょう。整え終わったらすぐにマスキングテープを外し、半日ほど水がかからないようにして放置しましょう。

なおこの修理方法は、タイルとタイルの間のシリコンが古くなった場合にも同様に使用することができます。使い方も変わらないので、ぜひ活用してみてください。

水回りのことなら水まわりの救急24がおすすめ!

①相談・点検作業無料

水まわりの救急24では、実際にご依頼いただいた内容以外に一切費用はかかりません。

お問い合わせや、作業員の状況確認作業では費用は発生しません。

②高い技術力を持つスタッフがご訪問

水まわりの救急24のスタッフは全員が厳しい研修を受けたスタッフです。

修理対応などの技術力だけでなく接客対応も最高レベルを提供します。

③24時間365日無料電話受付

水まわりの救急24への電話料金は一切かかりません。

お盆や年末年始の長期休暇・早朝や深夜でも電話受付をおこなっております。

お急ぎの依頼やご不明点がございましたらお気軽にご相談ください。

④安心会計

お客様にお支払いいただく費用は部品代と作業費のみ。それ以外の費用は頂きません。また、お客様からご依頼いただいた内容以上の金額も請求いたしません。

⑤実績多数

年間10万件以上の対応実績と94%の満足度が水まわりの救急24にはあります。

ここまでの実績を持てたのはお客様との信頼があってこそ。

高い技術力で安心のサービスを提供できる水まわりの救急24にお任せください。

⑥清潔な身なりでご訪問

スタッフがお宅に訪問する際は清潔な制服と靴下を履き替えてお伺いいたします。

使用する工具も清潔を保ち、お客様に不快なお気持ちは与えません。

また、新型コロナウイルス対策として作業スタッフにはマスク着用や検温、手指消毒を徹底しております。

関連記事:お風呂のお湯が出ないときの対処方法

お急ぎの方はこちら! 24時間365日 通話料無料 0120-997-813 携帯電話・スマートフォンからもご利用頂けます 水まわりのプロがすぐに解決します! 0120-997-813
24時間受付 通話無料 0120-997813

電話相談はこちらから0120-997-813